【ミニバス】ルールが少し違う!?親も知っておきたいルールとファールを解説します。

目次

【ミニバス】ルールが少し違う!?親も知っておきたいルールとファールを解説します。

🔜保護者の皆さん、冬の観戦準備出来てますか!?極寒の体育館対応おすすめ温かグッツ紹介!

ミニバスケットボールは、小学校に所属する12歳以下の男女児童を対象としたバスケットボール競技です。

バスケットボールの普及と、子供たちの健全な育成を目的として、1972年に日本ミニバスケットボール連盟が設立されました。

ミニバスケットボールは、通常のバスケットボールとは異なるルールで行われます。

コートのサイズ、ゴールの高さ、ボールの大きさなどが小さく、試合時間も短くなっています。

また、ドリブルやパスなどの基本技術の習得に重点が置かれています。

ミニバスケットボールは、子供たちがバスケットボールの基本を楽しみながら学ぶことができる競技です。

チームワークやスポーツマンシップを育む場としても重要な役割を果たしています。

ミニバスケットボールの特徴

  • コートのサイズ:通常のバスケットボールコートより狭い
  • ゴールの高さ:通常のバスケットボールゴールよりも低い
  • ボールの大きさ:通常のバスケットボールよりも小さい
  • 試合時間:通常のバスケットボールよりも短い
  • ルール:通常のバスケットボールとは異なる

ミニバスケットボールのメリット

  • バスケットボールの基本技術を習得できる
  • チームワークやスポーツマンシップを育める
  • 楽しみながら運動できる

ミニバスケットボールの現状

ミニバスケットボールは、日本全国で盛んに行われています。毎年、全国大会も開催されています。近年は、女子の選手も増えてきています。

ミニバスケットボールの未来

ミニバスケットボールは、日本のバスケットボール界の発展に重要な役割を果たしています。今後も、子供たちがバスケットボールを楽し and 学べる環境を整備していくことが重要です。

子供がミニバスを始めて見に行った最初の試合、正直言って自分に経験がなければ、なにがなんなのか分からずにあっという間に試合は終わってしまいます。

小4と小2女子のInstagramです!よかったら覗いてやってください☝

  • うちの子が最初にルーズボール(こぼれ球)を掴んだのに後から掴んできた相手と取り合って、放してないのに相手ボールでスローイン・・・なぜ!?
  • オフェンスで攻めていて相手のスキが出来るのを待ち、さぁ今からだ! と思ったら笛が鳴って相手ボールからスタート・・・なぜ!?

応援したくてもルールが分からないと、なかなか声も出せません。

親が分かっていないなら子供だってわかりません

何十人もいるチームであれば、いちいち細かいルールまで説明してくれる監督も多くはいません。

ルールが分かれば応援も変わり子供にもきちんと教えることが出来ます。

ミニバスをやる上で必要な最低限のルールと公式バスケットとの違いを紹介します。

日本ミニバス連盟

これだけは知っておきたいファール

ミニバスケットボールでは、バスケットボールのルールと異なるファールがあります。

パーソナルファウル

  • 相手選手を押したり、引っ張ったり、ぶつけたり、叩いたりする行為
  • 相手選手のシュート動作を妨害する行為
  • 相手選手のパスやドリブルを妨害する行為
  • 相手選手を故意に倒す行為

テクニカルファウル

  • 審判の指示に従わない行為
  • 相手選手や審判に対して暴言や暴力行為をする行為
  • 不正行為をする行為

パーソナルファウルは、相手チームにフリースローが与えられることがあります。

  • ショットの動作(アクトオブシューティング)中のプレーヤーがファウルをされ、そのショットが成功したとき
    • 得点が認められ、さらに1本のフリースロー
  • ショットの動作(アクトオブシューティング)中のプレーヤーがファウルをされ、そのショットが不成功だったとき
    • 2本のフリースロー

テクニカルファウルは、相手チームにフリースローが与えられるほか、犯した選手が退場になることもあります。

ミニバスケットボールでは、バスケットボールよりもファウルの判定が厳しくなっています。これは、子供たちの安全を守るためです。

これだけは知っておきたいルール

ミニバスケットボールでは、バスケットボールのルールと異なるルールがあります。

ミニバスケットボールのコートサイズ

  • : 22m~28m
  • : 12m~15m

ラインの幅はすべて50mmで、障害限度(コート周囲2m、天井の高さ7m)もバスケットボールと同じです。

ミニバスは小学校の体育館で行われることが多いので、体育館のサイズに合わせて調整されます。

ミニバスコートのライン

  • タッチライン: コートの長い方のライン
  • ゴールライン: コートの短い方のライン
  • フリーライン: ゴールから3m離れたライン
  • フリースローライン: ゴールから4.6m離れたライン
  • センターライン: コートを中央で二分するライン
  • 3ポイントライン: ない

ミニバスゴール

  • 高さ: 260cm
  • リング直径: 45cm
  • バックボード: 180cm×105cm

ボールの大きさ

  • バスケットボールの大きさ(世代別・リーグ別・男女別)
  • バスケットボールの大きさは、世代、リーグ、性別によって異なります。以下の表に、それぞれの詳細をまとめました。

詳細情報

  • 号数は、ボールの周囲長によって決まります。
  • バスケットボールの重量は、素材や製造方法によって多少異なります。
  • 使用空気圧は、ボールの硬さに影響します。

参考

試合時間

  • 1クォーター6分

交代

  • 出場予定の選手全員が1クォーター以上試合に出なければならない

ミニバスケットボールでは、バスケットボールよりも試合時間が短く、交代も頻繁に行われます。これは、子供たちが疲れないようにするためです。

ミニバスケットボールのルールを理解して、安全に楽しくプレーしましょう。

参考

・トラベリングの定義

ゼロステップの登場により、トラベリングの定義が変更されました。

これまでは、トラベリングを防ぐには空中でボールをキャッチしなければなりませんでした。

しかし、改正後はキャッチすると同時に着いた足は1歩目にカウントされなくなりました。

難しいですよね、今までは↓

ボールを取るときに着いた足が『ドン』なら次の一歩が『ダンッ』でシュートに行きます。

それがボールを取るときに着いた足が『ドン』がカウントされない為、『ドン』『ドンッ』『ダンッ』でシュートに行ける為オフェンスの選択肢が一気に増えます。

ただ正直試合を見ていると、まだまだ審判によってはトラベリングとして笛が鳴る試合もあります。

一度試合中に実践してみて、笛が鳴らなければガンガン使う、しかしトラベリングになるならその試合では使わない方がいいでしょう。

その他、同じ足で連続で蹴ってはならない(ケンケン)、ピボットフット(軸足)が離れてからドリブルはできないなど、基本的にはこれまでどおりです。

ミニバスと公式バスケのルールの違は?

ミニバスのルールは普通のと何が違う?基本ルールから違いまで徹底解説

ミニバスと一般的なバスケのルールの違いを紹介していきます。

大きく違うのは、以下の7つです。

  • 1Qあたりの時間
  • 24秒ショットクロック
  • 交代
  • バックパス
  • 3ポイントシュート
  • ゴールの高さ
  • ボールの大きさ

それでは、上記7つを含め詳しく解説していきます。

子供が上達する条件、それは親もミニバスを全力で楽しむことです!これは絶対です。

私は楽しみ過ぎて嫁から怒られ続ける日々ですが。。。

楽しむためには基本的なルールと新しく変更していくルールを覚える必要があります。

ミニバス初心者の子どもが覚えることは、ルールだけではなく個人やチームでの動きがオフェンス・ディフェンスと山ほどあるので、保護者が一緒になりルールだけでもしっかり覚えて協力してあげましょう。

小学生の身体面なども考慮してミニバスと一般のバスケットボールにルールの違いや規定があります。

規定に関しては保護者が協力しなくてはいけないことも多くあるため、是非参考にして下さい。

2020年6月から大きな変更はありませんが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、大会観戦ルールは今までと大きく変わっています。

今後、試合でのルール変更がある可能性もあります。

【ミニバス】子供に見せたい動画特集!YouTubeのおすすめチャンネル紹介。

DAZN 好きなスポーツ好きなだけDAZN

ミニバスの基本ルール

まずは、ミニバスの基本ルールから解説していきます。

公式のバスケットボールとはルールが若干違うので、子どもにきちんと答えられるように先に覚えてしいましょう。

「ミニバスルール」①試合に出ることができる人数は

まず、ミニバスが公式の試合に出場するために必要な人数は8~10名以上という競技規則があります。

ベンチに入れるのは10人以上の場合でも、出場可能なのは10人までとされ、スターティングメンバーの人数は各チームその中の5人です。

試合は、各チーム5対5の10人で行います。

どんなに強いチームでも7人しかいないとトーナメント形式の大会では勝ち上がっていくことはできません。

男女混合チームの場合も同様です。

「ミニバスルール」②ゴールの得点数は

公式のバスケットボールの得点ルールと異なり、ミニバス1ゴール2点しかありません※フリースローは除いて。

公式だと「静かにしろい・・・この音が俺を蘇らせる・・何度でもよっ(三井・山王戦)」そうですスリーポイントラインがありそこからシュートが決まると3点ですね!

スリーポイントラインからシュートを重点的に狙う三井や神のような(スラムダンク)スリーポイントシューターもいます。

しかし、ミニバスの場合はリーポイントラインからシュートして入ったとしても、得点は2点です。

シュートモーションに入っているときに相手の選手がファウルをしてきた場合、スリースローは2本打てます。

3点プレーをするにはシュートモーション中にファウルをもらいながら得点をいれるとフリースローを1本だけ打つ機会が与えられます、そこで決めれば3点プレーですね。

バスケットカウントワンスローと言って略して『バスカン』と呼ばれています。

「ミニバスルール」③試合中の交代は

ミニバスではタイムアウトは各クォーターにつき1回づつであったり、第3クォーターまでに10人以上のプレーヤーが少なくとも1クォーター以上出場しなければいけません。

その為プレー中に選手交代ができるのは4クォーターのみであったり、一般ルールとの違いがたくさんあるので注意が必要です。

つまり第1クオーターに最初の5名が出場し、第2クオーターに残り5名が出場する決まりがありますが、2019年に第4クオーターと延長時限の際の交代ルールに変更がありました。

ミニバスの試合での選手交代できるタイミング

  • 各クォーターの間(ただし、1~3クォーターまでに10人(チーム人数が少ない場合は最低8人以上)の選手がそれぞれ1クォーター以上出場しなければならない)
  • 4Qでのタイムアウトのとき(両チームともに交代できる)
  • 4Qでファウルやバイオレーションがあったとき(両チームともに交代できる)
  • 4Qで最後のフリースローが成功したあと(両チームともに交代できる

このルール変更によりバスケットボールのルールに少し近づき、試合の出番が少なかった子どもたちの出場チャンスが増えました。

しかし大会の規模によっては監督同士が話し合ったり運営の指示や大会の方針によりバンバン交代してもいいよってルールの大会もミニバスではあります。

そこは応援する親はあまり気にしなくてもいいかもしれませんね。

「ミニバスルール」④バックパスは

バスケットボールには、バックパスというものがあり、オフェンスはセンターラインを超えてしまうと、後ろに下がってはいけないルールがあります。

しかし、ミニバスにバックパスNGのルールはないので、行動範囲も広くなり、自由度も高くなります。

しかしバスケットで特にミニバスではあまり後ろにパスをする習慣を付けない方がいいと思います。

やはり基本は横か前でパスをもらえる場所を見つけてそこで声を掛けパスをもらうことが理想です。

「ミニバスルール」⑤ユニフォームは

意外と知られていませんが、ユニフォームのズボンの丈が、膝や少し膝下までの長いものを履いている選手もいますが、ミニバスでは膝丈のサイズは認められていません。

ユニフォームの規定は、「ズボンは、必ず膝上であること」です。

昭和か!!とツッコミたくなりますが、このルールは厳しく少しでも膝頭にユニフォームがかかると、出場が認められなくなってしまうので、注意が必要です。

ただ、あくまで私の感覚ですが、公式戦以外でさらに低学年に関してはそんなに厳しく注意を受けてはいないイメージがありあます。

そもそも身長自体が足りない低学年で膝上ユニホームを揃えるのは難しいからでしょう。

また、他にもシャツと同じ色か黒か白色を身に着け、同チームプレイヤーは同じ色を着用する必要があります。

小学生の子どもだとこれから成長することも考え、大きめのサイズやこだわりも出てくると思いますが、購入前にはこれらのことをしっかり確認をしておくとよいでしょう。

ミニバスと公式バスケのルール・規格の違い

次にバスケットボールとの規定やルールの違いを紹介していきます。

例えばボール一つ取っても大きさや種類が違うので、自主練習をするためにマイボール購入を検討しているなら、サイズを確認してから購入しましょう。

「ミニバス規定」①ゴールの位置や高さ

〇ミニバスのゴールの高さは
2 m 60cm
とあり一般ルールよりかなり低くなっています(大人がジャンプすればリングに届く位ですね)
公式の高さは
3m05cmです(普通の人はまずジャンプしても届きません!)

ミニバスのゴールとの差は45㎝あります。

〇リングの直径は45cmと同じです。ボール約2個分は入る大きさになります!

自宅の庭に練習用ゴールを購入したい方は、ミニバス用の260㎝とバスケットボール用の305㎝があるので確認しましょう。

どちらも対応できるバスケットゴールばかりですが念の為確認は必須です。

【関連記事】➡自宅用バスケットゴールおすすめベスト5

「ミニバス規定」②コートの大きさ

試合会場によってコートが狭く感じたり逆に広く感じることもあるでしょう。

その感覚は正解です!

コートの広さはきっちり何メートルと決められてはいません。

「ミニバス規定」③試合時間の長さ

〇コートの広さ大きさですが障害物のない長方形の平面で
・縦22メートル~28メートル
・横12メートル~15メートル

の範囲で縦横のバランスの取れたコートを使用するとあります。

県大会レベルだと縦28メートル横15メートルと基準一杯のコートがほとんどです。
(ちなみにラインの太さ、幅は5センチなんですよ。)
(さらにちなみにラインは内側の所が有効なラインです。スローインなどで外側のラインにシューズがかかっていてもラインバイオレーションにはなりません!!)

〇地区大会などで学校体育館を使用する。
練習試合などある時はコートが狭い中で行われるときもありますね。

〇フリースローラインはボードから4メートルと記載があり一般ルールより若干前になります。

〇エンドラインはバックボードより85センチとあり一般ルールより少し狭くなります。

ミニバスは、試合時間の長さも変わってきます。

バスケットボールの場合1クオーター10分ですが、ミニバスの場合1クオーターが6分と短めです。

ミニバスは4クオーター行われるので、試合時間は計24分です。

また、高校生以上はインターバル(休憩)が2分あり、ハーフタイム(前半と後半を区切る休憩)は10分あります。

〇試合時間を大きく4つに分けて1ゲームとなります(4クオーターで1ゲーム)
〇1クオーター(1Q)6分
(ピリオドでなくクオーターと呼称を統一しましょうとなっています。クオーターとは4つに分ける意味ですね!)
4クォーター
時間にすると24分のゲームタイム

クォーターの間のインターバルは1分
ハーフタイム5分

〇特殊なケースとして4クオーターが終わり同点の場合
1分のインターバルの後
3分のオーバータイム(OT)を勝敗が決まるまで繰り返す
(初めのOTで同点だったらさらにOTセカンドオーバータイムです!エンドレスです!)
サッカーのように延長前半延長後半などではありません

〇試合の流れのイメージとしては
1Q:6分
インターバル:1分
2Q:6分
ハーフタイム:5分
3Q:6分
インターバル:1分
4Q:6分
同点の場合はインターバル:1分
オーバータイム:3分

となります!!
タイムアウトの取得やファールの数などでゲームの時間は変わりますがおおむね60分ほどあれば一ゲームは終了します!

「ミニバス規定」④シュートを決めるまでの時間

私が驚いた自分がミニバスをやっていた時のルールとの違いはこの「ショットクロック」です。

2019年以前は30秒ルールの規定でしたが、バスケットボール同様2019年からミニバスでも24秒ルールに変更されました。

24秒ルールというのは、自分のチームがボールをコントロールしている際(オフェンス)「24秒以内にシュートを打たなくてはいけない」というルールです。※細かく言うとリングに当てなくてはいけません。

自分のチームの誰かがシュートを打ち自分のチームがオフェンスリバウンドを取ったときは、24秒に戻るのではなく14秒でのリセットが採用されます。

これらの24秒ルールなどのことを「ショットクロック」といいます。

この24秒14秒ルールを把握しながら戦えるようになればおのずと勝ち試合も増えて行くはずです。

「ミニバス規定」⑤ボールの大きさ

〇ボールの大きさですがミニバスは5号球です。

〇中学校からは大人の男子のサイズが7号球
〇女子は中学校から大人まで女子のサイズは6 号球

ミニバスは一回り二回り小さい形になります

中学でバスケットボール入部を視野に入れている場合は、部活動に入る前に少し練習で慣れておいた方がいいかもしれません。

私は、ゴールの直径に対し、5号球よりも6号球の方が大きくリングに入りづらくなるので、練習させるときは6号球を使わせています。

しかし、この考え方は様々で感覚が変わってしまうからキチンと年代に合わせたボールを使うべきだという考え方もあります。

ミニバス2019年度のルール変更点

ミニバスは、2019年度にルール変更がありました。

以前に増して子どもたちが伸び伸びとミニバスを楽しんでプレイできるように変更されており、チームにとっても、選手にとっても試合でのチャンスも増えそうです。

「ミニバスのルール変更」①登録が一定の条件下で自由になる

ミニバスを始めるにあたり、「ここに所属したい」というチームがあるかもしれません。

2019年から一定の条件下で自由に登録できるようになりました。

簡単に条件をまとめると、「児童の家から安全に行ける・帰れる範囲であることと、児童の保護者が安全責任をもてる範囲であること」です。

学区域以外でも入りたいチームがあるかもしれないので、保護者が送迎できる範囲なのか確認しましょう。

「このチームに入りたい」という子どもの意欲があっても、保護者として送迎できない場合や安全の確保が取れない場合は、子どもとの相談が必要です。

「ミニバスのルール変更」②特別な事情がある場合は移籍を認める

2019年から、転居や人間関係のトラブルなどの特別な事情がある場合に、他のチームへの移籍が可能になりました。

今までは、なかなかチームに馴染めなかったり人間関係で居づらかったりしても我慢して行くか、ミニバス自体をやめるしか方法がありませんでした。

しかし移籍が可能になったことで、無理をせず楽しくミニバスを続けられるようになるきっかけにもなりそうです。

「ミニバスのルール変更」③試合成立のプレーヤー数の変更

昨今、少子化の影響でなかなかプレーヤーが揃わないチームも少なくありません。

そこで、プレーヤー数の変更により10名以上必要だった規定が、8名しかいないチームでも試合成立が認められるようになりました。

「ミニバスのルール変更」④登録競技者が8人以上10人未満のチームでも試合は成立する

先ほどの章の3つ目に紹介した「交代・メンバー」に関して、こちらで詳しく紹介します。

2018年度までは、登録競技者が10人未満のチームは、試合にエントリーすることが一般的にはできない状態でした。(※一部の大会に限る。)

しかしながら、近年は少子化や児童の減少などで1チームあたり10人のメンバーを集めることも難しくなってきています。そこでJBAが以下のような決定を下したのです。

試合成立のプレーヤー数の変更

  • 登録された競技者が10名未満のチームに対して、8名による試合成立を認める。
  • 但し、登録数が10名を超えるチームに対しては、これまで通りの規定を適用する。
  • 2019年4月1日から実施とする。

これに伴い、試合に出場しなければいけない時間やQ、人数などが変わっている点があります。

登録競技者数が10名以上の場合(今まで通り)と、登録競技者数が8名以上10名未満(新しいルール)とで、どのように変わるのかを、それぞれ詳しく紹介します。

  • 登録競技者数が10名以上の場合
  • 登録競技者数が8名以上10名未満
  • ルールを活用すればこんな戦い方もできる

登録競技者数が10名以上の場合

登録競技者数が10名以上の場合には、「第3Qまでに10人以上が出場し、12分以上(2Q分以上)出場してはいけない」ルールとなっています。

どのような形になるのか、簡単に紹介します。

プレイヤーが10人、A~Jまでいたとします。

  • 第1Q:A、B、C、D、Eが出場
  • 第2Q:F、G、H、I、Jが出場
  • 第3Q:A~Jの中から5人が出場
  • この場合、A~Jまでの10人のプレイヤーが、2Qまでに1回ずつ出場しています

登録競技者数が8名以上10名未満

登録競技者数が8名以上10名未満の場合には、JBAの資料に以下のような記載があります。

登録競技者が8人以上10人未満のチームは、第3クォーターまでに全てのプレーヤーが少なくとも1クォーター(6分間)はゲームに出場しなければならない。

その際、プレーヤーは第3クォーターまでに続けて3クォーター出場してはならない。

JBAの資料

どのような形になるのか、簡単に紹介します。

プレイヤーが8人、A~Hまでいたとします。

  • 第1Q:A、B、C、D、Eが出場
  • 第2Q:F、G、H、A、Bが出場
  • 第3Q:C、D、E、F、Gが出場

この場合、A・Bと、F・Gが2クォーター連続して試合に出場していることになりますが、続けて3クォーター出場しているわけではないので、ルール違反にはなりません。

ルールを活用すればこんな戦い方もできる

僕が小学4年生の時には、交代・人数のルールを活かしたこんな戦術をチームが使いました。

  1. 第1Q:A、B、C、D、Eが出場
  2. 第2Q:A、F、G、H、Iが出場
  3. 第3Q:B~lの中から4人と、Jが出場

こちらは、第1Qと第2Qには、A~Iまでの合計9人が出場していることになります。その中で、Aは2Q分出場していることになり、第3Qは出場することができません。

そして第3Qまでに10人を出場させるというルールに基づいて、第1Qと第2Qに出場していない10人目のJを第3Qに出場させる、と言うわけです。

格上のチームに対して、各Qの戦力を均等に保ち試合をするためにコーチが行った戦術です。

「ミニバスのルール変更」⑤タイムアウトの回数変更

タイムアウトの回数は、1クオーターに1回取ることができるようになり、1回のタイムアウトは45秒以内と短くなりました。

「ミニバスのルール変更」⑥審判の終了を告げる合図のタイミング

以前は50秒経過した際に審判が笛を吹いていましたが、現在はタイムアウトから35秒経過した際にタイマーが合図器具を鳴らし知らせるようになりました。

「ミニバスのルール変更」⑦ショットクロックの時間変更

上記の「シュートを決めるまでの時間」でも説明した通り、2019年からバスケットボール同様24秒ルールに変更されました。

また、オフェンスリバウンドを取ったときのみ14秒にリセットされます。

【ミニバス】子供に見せたい動画特集!YouTubeのおすすめチャンネル紹介。

ミニバスのファウルのルール

最初に「ファウル」と「ファール」どちらも正解です。

ミニバスを楽しむためにはそのルールを守らなくてはいけません。

ルールの中にはファウルというものもあり、それにより退場という結果にもなりかねませんので確認しましょう。

「ミニバスファール」①ペイントエリアに3秒以上いてはいけない

オフェンスはゴール下の制限区域の「ペイントエリア」(赤い部分)という場所に同じ選手が3秒以上いると、攻撃が終了させられます。これを「3秒ルール」といいます。

その場合、相手側のスローインでプレー再開します。

ただし、シュートやリバウンドを狙う時にペイントエリアに3秒以上いても3秒ルールは適用されません。

主にパス待ちで3秒以上いる選手に笛が鳴ります。

「ミニバスファール」②相手プレーヤーを押してはいけない

試合が熱が入ると、故意でなくてもディフェンスやオフェンスの動作などで相手プレーヤーを押してしまうことがあります。

このように、相手を押してしまう行為を「プッシング」といいます。

このファールをした時には審判が両手で押す動作をするのでわかりやすいです。

「ミニバスファール」③相手を掴んだり叩いたりしてはいけない

相手プレーヤーに接近しボールを取るときなど、誤って相手プレーヤーの手や腕を叩いてしまうと反則をとられます。このことを「イリーガルユースオブハンズ」といいます。

これは、オフェンス・ディフェンスに関わらず適応されるので注意しましょう。

「ミニバスファール」④ボールを持ったまま3歩以上歩いてはいけない

ディフェンスが接近し、動きが止められドリブルをやめてしまったとしましょう。

そのままドリブルをせずに3歩以上歩いてしまうと、トラベリングをとられます。

トラベリングは中学・高校になるとグッと減りますがミニバスの試合ともなるとこの「トラベリング」とあとから出てくる「ダブルドリブル」のオンパレードです。

「ミニバスファール」⑤再度ドリブルをしてはいけない

ディフェンスが接近し、動きが止められドリブルをやめてしまい、そのままドリブルを再開してしまった場合も「ダブルドリブル」となります。

ダブルドリブルはふとした瞬間や「ポケットドリブル」を覚え始めの頃に出てしまうので、練習時から徹底して注意していきましょう。

「ミニバスファール」⑥1つのQでファールが4回貯まるとボーナス

ミニバスにもファールの種類が2つあり、「パーソナルファール」「チームファール」というファールが存在します。

「パーソナルファール」は個人でとってしまったファールで、「チームファール」はチーム全体でとってしまったファールを指します。

このチームファールが1クオーター中に4回貯まると、5回目以降のファールをとったとき相手側にフリースロー権が与えられます。

「ミニバスファール」⑦ファール5回で退場

パーソナルファールを5回とってしまった場合、その選手は退場となります。また、審判の指示を無視するなどのテクニカルファールをとった場合には、2回で退場となります。

冷静に試合に臨めばテクニカルファールは滅多にとることはないですが、白熱したために相手プレーヤーなどを挑発する行動や言動をやってしまうと、テクニカルファールとなりやすいので注意しましょう。

【ミニバスYouTube動画】厳選したバスケットYouTubeチャンネル!!絶対見るべき確定10選!!

【ミニバスYouTube動画】コニーのドリブルスクールで天才ドリブラーになる!!

【バスケスキル】コニーって試合でどんなプレイするの?

【ミニバスYouTube動画】コニーのドリブルスクールで天才ドリブラーになる!!

【ミニバスYouTube動画】さとしコーチおしえて!実際にミニバス指導を行っているさとしコーチは一味違う。

【バスケ】知らない人もいる?トラベリングを徹底解説!スキルアップ・テクニック!チャレンジ!

【ミニバスYouTube動画】さとしコーチおしえて!実際にミニバス指導を行っているさとしコーチは一味違う。

【ミニバスYouTube動画】元桜丘を中心にした主に1on1のYouTubeを発信中!大井崇幹【おおいたかよし】

【神神回】富永啓生にガチで1on1してもらったらまじでヤバすぎた。。

【ミニバスYouTube動画】元桜丘を中心にした主に1on1のYouTubeを発信中!大井崇幹【おおいたかよし】

【ミニバスYouTube動画】子供たちの成長と女子バスケ界を応援するc!!

ワンドリTV完成 【新シリーズ】

【ミニバスYouTube動画】子供たちの成長と女子バスケ界を応援するTOKYO HOOP GiRLS!!

【ミニバスYouTube動画】ポッチャリでキレキレ!一つ一つ丁寧に解説してくれるCrossFanC!

【バスケの教科書】ミニバスや初心者でもわかるオフボールの動き方~ボールを持っていない時は何をどうしたらいいの?~

【ミニバスYouTube動画】ポッチャリでキレキレ!一つ一つ丁寧に解説してくれるCrossFanC!

【ミニバスYouTube動画】無料LINE登録で有料級特典5本もゲットできる!?mituakiTV!!

上手い人はココが違う!2つのドリブル初心者との差!バスケ練習方法!初心者でも上手くなる!

【ミニバスYouTube動画】無料LINE登録で有料級特典5本もゲットできる!?mituakiTV!!

【ミニバスYouTube動画】小学生~高校生まで頑張る人を応援!ユメドリYouTubeバスケ大学!

【バスケ】360万回再生された カッコかわいいバスケ女子がウマすぎると話題に!2歳からバスケを始めた ゆめめの自己紹介編!(2020/11/18の動画の再投稿)Basketball

【ミニバスYouTube動画】小学生~高校生まで頑張る人を応援!ユメドリYouTubeバスケ大学!

【ミニバスYouTube動画】試合の流れの動き方を分かりやすく解説Hoop Dreams!!

ドリブルで抜けない大きな理由の一つ【ミニバス指導】

【ミニバスYouTube動画】試合の流れの動き方を分かりやすく解説Hoop Dreams!!

【ミニバスYouTube動画】そろそろ本気でバスケをやりませんか?世界に目を向けた本格派バスケ動画eHoops(イーフープス)

世界トップレベルによる勝つための本気1on1

【ミニバスYouTube動画】そろそろ本気でバスケをやりませんか?世界に目を向けた本格派バスケ動画eHoops(イーフープス)

【ミニバスYouTube動画】中川直之考えるバスケットの会!兄弟揃ってバスケット選手!実践的な技術を発信中!

【バスケ初心者講座】シュートの飛距離を伸ばす打ち方・コツについて解説【考えるバスケットの会 中川直之】

【ミニバスYouTube動画】中川直之考えるバスケットの会!兄弟揃ってバスケット選手!実践的な技術を発信中!

まとめ|ミニバスのルールを覚えて楽しくプレーしよう

2019年4月からミニバスのルールが一部変更され、よりミニバスを楽しめる環境に変わってきています。

厳しい練習内容もあると思いますが、ルールをしっかりと覚えて是非ミニバスを全力で楽しんでください。

※現時点(2020年6月)で入手した情報をもとに記述しましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、今後、ルール変更の可能性があります。

【試合のきまり】

 ●試合時間

ゲームは各6分間の4クォーターからなる。

 第1クォーターと第2クォー ター(前半)の間、第3クォーターと 第4クォーター (後半) の間にそれぞれ1分間のインターバルを設ける。 ハーフタイムのインターバルは5分間とする

●試合に出られる人数

プレイヤー5人。 交代要員3~10 人。 

【プレイの特徴】

●バックパスがない

ミニバスではコートのセンターラインをこえても、うしろに戻ることができます。

●3ポイントシュートがない 

ミニバスのコートには3ポイントライ ンがないので、3ポイントシュートはありません。

ゴールの得点

ふつうにゴールすると2点。 フリースローは1本1点

【バイオレーション】 

以下のような違反をした場合、 相手ボールのスローインで試合が再開になります。

●ダブルドリブル

ドリブルを一回やめてから、またドリブルをしなおしたとき、両手で同時にドリブルすることも違反です

○3秒ルール

攻めているチームは、 相手ゴールの制限区域(台形部分)に3秒をこえてとどまっていてはいけません

●キックボール

足でボールをけったり、止めたりすること

○トラベリング

ドリブルせずにボールをもって3歩以上歩く

ミニバスケットボールのルール 2

10人以下でも試合にエントリーできる !

交代やゲームに出場する人数の変更

ミニバスの一般的な試合では、登録競技者が10人未満だと大会にエントリー することができませんでした。

しかし、 少子化の影響や児童数の減少などで、 メ ンバーを集めるのがむずかしくなっていました。

そのような現状に対応し、日本バスケットボール協会は、2019年に登録競技者が8人でもエントリーできるようにルールを改正しました。

【出場と交代】

10人以上のチームは、各チームのプレーヤーのうち10人以上は、第3クォーター までに、 1クオーター以上、2クオーターをこえない時間でゲームに出場しなければなりません。

●8人以上10人未満のチームは、第3クォーターまでに全員が、 1クォーターは ゲームに出場しなければなりませんが、第 3クォーターまでに続けて3クォーター出 場してはいけません。

ミニバスの試合は8人から15人までエントリーする ことができる。

ゼロステップが登場!

トラベリングのルール変更

ドリブルせずにボールをもった状態で3歩以上歩いてはいけないというトラベ リングのルールが2018年 「ボールを キャッチするのと同時に踏んだ足を0歩めとして数える」という「ゼロステップ」の考え方がとり入れられました。

 これより、バスケットボール界最高峰 NBA などでは、よりバリエーション かな攻撃が行われるようになりました。

改正されたルールとその理由

ミニバスのルールは、さまざまな改正がおこなわれています。 ここでは 2015年以降に改正となった、 おもなルールと、 改正の理由を解説します。

世界での活躍をめざし1対1で戦える選手をそだてる

ゾーンディフェンスの禁止

ミニバスでは、 人に対して守るマン ツーマンディフェンスと地域を守るゾーンディフェンスがありましたが、 2015 かいてい 年に改訂され、ゾーンディフェンスが禁止になりました。 その理由は、 世界強豪 国では16歳以下のゾーンディフェンス こくさい 禁止、 国際バスケット連盟でも同じく禁 止されています。 

日本でも、 世界で活躍する選手をふやす、 強い選手をそだてる ために、ゾーンディフェンスを禁止し、 1対1で戦える選手をそだてることをめざしています。

このルールが守られているかどうかを 判断するのが 「マンツーマンコミッショ ナー」 という役割の人です。

ゲーム中に 違反があったときに「黄色 (注意)」の 旗をふり、コーチや選手の対応を確認し、 けいこく 改善しない場合は 「赤色 (警告)」の をあげます。

審判にその理由を説明し 違反したチームのコーチに 「警告」か 「マンツーマンペナルティ」 があたえられます。

スピーディーなゲーム展開をめざして24秒ルール (24秒ショットクロック)

ミニバスは、オフェンスがボールをコ ントロールしてから30秒以内にシュー トを打たなければいけないというルール でしたが、2019年からは一般と同じよ うに24秒以内と変更されました。

また、オフェンスリバウンドをとった場合のショットクロックのリセットが 「30秒」から 「14秒」 に変更されてい ます。

DAZN 好きなスポーツ好きなだけDAZN

動画配信サービスの賢い選び方【おすすめTOP9】

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG